2014年05月30日

LUMIX DMC-GH4の思想

デジカメwatchにパナソニック LUMIX DMC-GH4を開発された方々のインタビューが載っています。
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/interview/20140530_649605.html

この前のDMC-GH3が発売されたときに「これ、いい!」と思ったんですね。
ミラーレスなのに小さくなくてつかいやすい。
ミラーレスが小さくて軽いのが普通な時に、この大きさはありえない。
プロ向けにこういうのを出してくるなんて、思想やコンセプトがしっかりしていると感心したのです。

そしてバージョンアップしてGH4。
このインタビューを読んで、そうそう!と思ってしまいました。

以下、抜粋
「このデザインを検討した際に、まずグリップがどうあるべきかを考えました。ファインダーを覗くことを前提にグリップの形状・配置を考え、手のサイズも考慮しますと、ホールドしやすいグリップの大きさ、形はだいたい決まってきます。

――なるほど、コンパクトさよりも道具としての使いやすさを優先しているということですね。」

この思想はX-T1を使っていてすごく感じたことです。
http://itohkei.sblo.jp/article/93744762.html
プロ機とはかくあるべきだと思います。


もう一つ
将来きっと写真はこうなるだろうなと思っていたことが、どうやら現実になりそうです。

以下抜粋
「4K動画をそのまま静止画で切り出しますと、一般的な用途としては十分な約800万画素の静止画になります」

写真を撮るとき、パシャパシャと何枚もシャッターを切るよりも動画で撮って、その中からいい部分をキャプチャーしたほうがいいだろうなとずっと思っていました。

例えば雑誌や新聞で必ずあるインタビュー写真。
1カット使うのに最低でもフィルム1本、36枚くらいは撮るわけです。
まばたきの多い人などは100枚以上撮ることもあります。
それでいてしっかり目が開いていて表情がいいカットは数枚しか無いとか、今の表情よかったのに撮れなかったいうこともよくある話。

それだったら動画でずっと撮っておいて、いい表情の部分を切り取ればいいと考えていました。しかしそれだと画素数が足りないので、印刷原稿には使えないんです。
ハイビジョンで撮ったのをトリミング無しで使ったとしても、最大139ミリ×78ミリまでしかできないんです。

※ハイビジョンの解像度は1920×1080ピクセル、192dpiです。
印刷原稿の解像度は350dpiなので、拡大や縮小をしないで解像度だけを350dpiに変更すると139ミリ×78ミリになります。

これが4K動画を切り出しで、800万画素だと十分に使えるんですね。
新しい時代がやってくるようです。



posted by 伊藤圭 at 00:00| X-T1のおはなし

2014年05月07日

X-T1レビュー〜セルフタイマー〜

僕はX-T1のセルフタイマーを多用します。
三脚にセットして撮るからです。

レリーズは使わないのかと聞かれそうですが、X-T1のレリーズは横の端子カバーを開けて差し込むようになっています。
そうするとせっかくの防塵防滴が効かなくなってしまうんですね。
雨の日や雪の日にレリーズが使えないのは非常に困りますね。

僕は数メートル先が見えないような、津軽の地吹雪の中で写真を撮ります。
カメラは雪で覆われてしまうので防塵防滴が無いと厳しいです。

風景写真に最適と思われるX-T1ですが、レリーズが使えないので胸を張ってオススメできないのが残念です。
レリーズを軽く考えているのではないでしょうか。

そんな訳でX-T1のレリーズを買っていないのです。
雨や雪じゃなくてもどうも使う気がしない。

じゃあどうするかというとセルフタイマーを使っています。
ただ残念なことに、電源を切ったりスリープ状態から起き上がるとセルフタイマーが解除されてしまいます。
そのことをうっかり忘れてそのままシャッターを切ってしまうことが多いんです。

解除してくれなくてもいいんですけどね。

セルフタイマーは一般ユーザーが記念写真を撮るためのものとしか考えていないことが分かります。
プロ機なんだから余計なことはしなくていいんです。

改善を望みます。
posted by 伊藤圭 at 00:00| X-T1のおはなし

2014年04月28日

八仙堂のマウントアダプター2

八仙堂のマウントアダプターを使ってX-T1にタムロンの90ミリマクロを付けてサンプルを撮ってみました。

フィルムシミュレーションはプロビア、撮って出し。
絞りを変えて撮ってあります。
画像をクリックすると4896×3264ピクセルの写真が見られます。

F32が他に比べてちょっとボヤっとしてます。
これは被写体ブレですね。
すみません。
そのうちまたサンプルのせますね。

F2.8
140425_001.JPG

F4
140425_002.JPG

F5.6
140425_003.JPG

F8
140425_004.JPG

F11
140425_005.JPG

F16
140425_006.JPG

F22
140425_007.JPG

F32
140425_008.JPG
posted by 伊藤圭 at 00:00| X-T1のおはなし

2014年04月25日

八仙堂のマウントアダプター

タムロンの90ミリマクロをX-T1で使いたかったので八仙堂のマウントアダプターを購入しました。90ミリマクロは前の型で絞りリングがあるタイプです。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/hassendo/c-f-x-01.html

他にもキポンやレイクォールなどあるのですが、これまでマウントアダプターを使ったことがないので、とりあえずは価格の安い八仙堂を購入してどんな感じなのかを試してみました。
3700円です。

hasseendo01.jpg

hasseendo02.jpg

hasseendo03.jpg

タムロン90ミリマクロをつけました。
hasseendo04.jpg

hasseendo05.jpg

ガタつきなどなく、固すぎず、柔らかすぎず、塩梅よくついています。
特に問題なく十分に使えます。
価格の安い八仙堂でこれなら、もっと値の張るキポンやレイクォールはどんななんでしょうか。試してみたいですね。

マクロレンズはピントをマニュアルで使うことが多いので、オートフォーカスが使えなくても問題ないですね。
絞りリングがあるとマウントアダプターの疑似絞りではなく、ちゃんと絞れるのでいい感じです。
posted by 伊藤圭 at 00:00| X-T1のおはなし

2014年04月24日

X-T1レビュー〜カメラ内RAW現像〜

adobeのフォトショップやライトルームがX-T1対応になりましたね。

しかも、フィルムシミュレーションまで。
富士フィルムは独自でソフトを作らずにadobeに対応させるようにしたのですね。
色や画像の作りなどを他社に提供するのは、企業として勇気のいる決断だったと思います。

しかしadobe製品を持っている人はいいですけど、持っていない人にとってはなんでadobeだけ?という印象ではないでしょうか。
それよりは付属ソフトのRAW FILE CONVERTER powered by SilkyPixをフィルムシミュレーションに対応させるのが「筋」ではないかと思います。

富士フィルムとしてはカメラ内RAW現像をしろという立場なのかもしれませんが。

カメラ内RAW現像をするにしても、単にフィルムシミュレーションを適応させる程度ならいいです。しかし、ホワイトバランスやノイズリダクションなど微妙な調整をするのには無理があります。小さな液晶画面ではホワイトバランスの微妙な違いや、ノイズリダクションのかかり具合などを確認するのは至極難しい。

しかも、パソコンと背面の液晶画面では色が違います。
1カットで何パターンがRAW現像して、それをパソコンで見ていいのを選ぶというのがいいのかもしれません。

パソコンと液晶画面の色の違いは困りますね。
肩こりしながら頑張って液晶で色を追い込んで行っても、そもそも違う訳なので。
この色の違いはホワイトバランスシフトである程度は近づけられると思います。

参考までに、僕のカメラとパソコンのディスプレイでは青に5、赤に3程度ずれています。

どういうことかというと、カメラの液晶画面を見ながら好みの色に調整します。
そこからさらにホワイトバランスシフトで青に5、赤に3ずらして現像します。
それをパソコンの画面で見ると調整した好みの色に近くなります。

注意事項です。
カメラには個体差がありますので、一概にこれがちょうどいいとは言えません。
僕の目で見て比べていますので、だいたいこのくらいかなという精度です。
パソコンのディスプレイはEIZOのColoeEdgeで付属の測色器でキャリブレーションしています。
ご覧になるディスプレイ、液晶画面、それぞれの環境、照明で色は違って見えます。

あくまで参考程度にしてください。

細かいことですけど、RAW現像は再生メニューのトップに持ってくるべきですね。
今はトップにワイヤレス通信が来ています。
ワイヤレス通信よりはRAW現像の方が大事だと思います。
カメラ内RAW現像を推奨しているのなら、とことんまでやりやすいように突き詰めてほしいです。

今後もカメラを展開していくのなら、独自ソフトを作ってもいいのではと思います。
posted by 伊藤圭 at 00:00| X-T1のおはなし