2017年02月08日

りんご農家には未来がある!

先日、神田で行われた津軽のりんご農家のリアルというイベントに参加してきました。
https://www.facebook.com/events/1791167287819919/

青森県弘前市には約5千軒のリンゴ農家さんがいらっしゃり、日本のりんごの約2割を作っているそう。しかしながら、高齢化が進み、だいたい半数で後継者がいないというリアル。

りんご農家がりんごを作らなくなるとどうなるか。それまでその人がりんごを作っていた分の収入が、個人的にも、また地域からも無くなってしまうということ。

りんご農家を辞める

収入が無くなり、買い物も減る

買い物をしていたお店の収入が減る

お店がやっていけなくなり、閉店に追い込まれていく

雇用される人も減り、失業者が増える

万引きなど犯罪が増え、治安も悪化

町が成り立たなくなる

という構図のようだ。

結局のところ、後継者がいないというのは、収入が低いからということに突き詰められると思います。

リンゴ農家の収入は10アールあたり約50万円くらいだということです。

農業協同組合新聞の記事にJAつがる弘前の代表理事組合長のインタビューがあります。その中で「平均すると一戸あたり1.3〜1.7haほどの耕作地を夫婦2人でやって、いい時で年収350万、悪いときは150万円ぐらいというのが管内の平均的モデル農家の現状だ」という発言がありました。
http://www.jacom.or.jp/archive03/series/shir173/2010/shir173101004-11115.html

年収ラボによると、青森県の平成25年の平均年収は352万円。
http://nensyu-labo.com/ken_aomori.htm

高齢になってきたという農家さんも、始めは他に仕事がなかったとか、親のりんご農園を継いだとか、それぞれ事情があってりんご農家になったのだと思います。それが時代と共に社会状況が変わり、他に収入のいい仕事があったり、都会に出たりして、あえて収入の少ないりんご農家にならなくてもよくなったということなのだと思います。

「本当は継いでほしいんだけど、収入が少なくて苦労するから、子供たちはいい大学に行って、いい会社に入って、安定した生活してほしい」という親心なのだと思います。


じゃあいったいどうするのか。

これは決して農家さんがもっとがんばって、作る量を増やせば収入も増えるといった、個人の問題ではないと思うのです。

「リンゴは値段が高かろうが安かろうが、生産コストも手間も変わらない、省力化ができない作物だ。2haのリンゴを育てるのに必要な労働力はだいたい2.58人ぐらいなので、それが家族労働の限界規模になる」
もう限界なのだと先ほどのインタビューの中でおっしゃっています。

これまでは、「おいしいりんごを作ることにやりがいを感じてもらって、収入の低いことには目をつぶってください」というシステムだったのだと思います。
その古いシステムに若い人がついていけなくなったということ。
個人の問題ではなく、システムの問題だと思います。

私は、りんごを作りたいなら「個人経営のりんご農家」になるというシステムだけでは、足りないと思っています。

りんごを作りたいと思っている若い人は少なからずいると思うのですが、果たしてその人たちがみんな「経営者」になりたいかといえば、そうではないと思うのです。
給料をもらってりんごを作る「サラリーマンりんご農家」がいてもいいと思うんですね。

その日のイベントで話した人は「黒船が来ないと無理」だとおっしゃっいました。

地域的なこともあるでしょうし、これまでずっとやってきたシステムもありますから、急にすべてを変えるなんてのは無理な話です。

個人経営だと、軽トラや農業機械、資材など全部自分で買わなければならない。農協を通じて購入するそれらが、負担になっているという話も聞きます。

もうやめてしまう農家さんの土地を引き受ける「誰か」。
その「誰か」が働く人を派遣してりんごを作る。
働く人には研修を行い、能力を向上させる。
できたりんごを営業が独自で開拓した市場や個人で売る。
また、自社工場で加工品を製造し、販売する。

その「誰か」は個人なのか、会社なのか、団体なのか、何が最適なのかはわかりません。
きっと今は、事業者ごとにそれぞれの分野で連携して行われていると思いますが、それがさらに強化されるといいのかなと思います。

たとえば農業高校を卒業したら、そこに就職して、何年かりんご栽培の修行をしながら、若い感性で商品開発も行ったり、広報活動や、首都圏での売り込みなどもするといったシステムができればいいと思う。

サントリーは、ワイン用のブドウを自分達で生産しているそうです。
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/kodawari/

ちなみにその場で出された「弘前シードル工房kimori」のシードルはおいしかったです!
りんご農家さんが自らの手で、りんご畑の中で作ったシードルです。
http://kimori-cidre.com/

そんなイメージで、原料の生産から商品開発、販売までを行うのが理想ですよね。
言うのは簡単ですけど、実際にやるのはものすごく大変だと思います。



2015年10月発行の中央農業総合研究センター研究資料 第10号の中に「第15章 津軽地域における大規模リンゴ作経営の成立構造と技術的課題」という非常に興味深い資料がありました。
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/narcshiryo-10-02-15.pdf

大規模経営は容易ではなく、大規模化しても労働力不足により管理が難しく、生産性や収益が下がることが一般的だと書かれています。しかしながら、中には13.5haという大規模リンゴ園で収益性も高くすることに成功している人の事例も紹介されています。

実際に行っている人がいるのだから、決して無理な話ではないと思うのです。
結局は政治のリーダーシップになってくるのかもしれませんが、可能性は十分にあると思います。
posted by 伊藤圭 at 13:35| 青森のおはなし

2016年07月05日

青森県の投票率は全国トップ!

ニュース23を見ていたら、非常に興味深いことをやっていました。
それは青森県が国政選挙の投票率が全国1位だということです。
そして、それはもちろん「低い」方です。
まあワーストだらけの青森県ですから、上位にくるとは考えにくいですよね。

それを挽回するために地元タレントを使ってアピールしてみたり、十和田市では投票所に子供の遊ぶスペースを用意したり、平川市ではイオンで投票できるようにするようです。
コメントしていた人は、イオンには買い物に来るので、普段は選挙に行かないけど、買い物に行くついでにいくかもしれないと言っていました。
そのために約480万円かかるそうです。
費用対効果で考えるとどうなのかなとも思ってしまいます。

青森県の選挙管理委員がなぜ投票率が低いのかわからないと言っていました。
これをわかるのはなかなか難しいと思いますね。

私はなんとなくですが思い当ります。
投票に行かないということは「関心が無い」ということです。
じゃあなぜ「関心が無い」のかということですね。

簡単に言うと「他人事」だからです。

青森と東京との距離が遠いのです。
実際の距離ではなく、心理的な距離が遠いんです。

流行の物などが青森まで到達するのに非常に時間がかかるということですね。
ファッションや芸能など一般的な流行はそうでもありません。
時間がかかるのはインターネットの普及とか、禁煙の普及などです。

例えば、ケータイのLTEなどはだいたい東京で始まりますが、青森県で始まるのは決まって後ろの方。
2011年末で全国のインターネット普及率は79.1%ですが、青森県は65.7%と全国1位。
喫煙率も全国1位ですね。
東京を中心に始まったことが、かなりの時間を要して青森県まで到達するんです。

青森市や弘前市などの都市部の人はそこまで距離を感じていないかもしれませんが、田舎の方はより遠く感じているのでしょう。
青森の人が東京に行くということは、東京の人が海外に行くような感覚ですね。

逆に考えてみると、東京の人に青森と北海道のどちらが近いかと聞くと、大抵が北海道と答えます。
距離は北海道の方が遠いのに、気持ちでは青森の方が遠いんですね。

つまり、東京は非常に遠いので、東京で行われていることなんか自分には関係ないという心理ですね。
だから誰が当選しても国会議員は国の事をやるわけだから、自分達には直接関係ないということです。

また、津軽は昔から中央によって抑圧されてきました。
なので自分達の代表を送って国に意見を言おうという意識が薄いのかもしれません。
上から言われるがままに「我慢」して受け入れることが根付いているのかもしれません。

町長選や知事選だとまた違うんでしょうけど。
「津軽選挙」というものがあります。
金で票を買う金権選挙ですね。
2014年には平川氏の市議20人のうち15人が公職選挙法違反で逮捕されたなんて事件があって、全国に「津軽選挙」という言葉が知れ渡ってしまいました。
この「津軽選挙」に慣れてしまった有権者が、国政選挙では何のうま味もないために投票にいかないのかもしれません。

posted by 伊藤圭 at 00:00| 青森のおはなし

2015年11月11日

赤〜いりんごのカスタードパイ

東急田園都市線 池尻大橋にラ・テール洋菓子店があります。
そちらでは毎月10日のサンクスデーに、1日だけの限定ケーキを150台限定で販売しています。

先日そちらに取材に行ったら、.11月は「赤〜いりんごのカスタードパイ」だというじゃないですか。
この「赤〜いりんご」は五所川原市だけで栽培されている皮だけじゃなく、果肉まで赤いという非常に珍しいりんご。
品種名は「御所川原」
五所川原市一ツ谷の街路樹というイメージで、すっぱくて食べられず、観賞用だと思っていました。
その「赤〜いりんご」を使ってカスタードパイを作るそうなんですね。

案内によると「酸味の強い「赤〜いりんご」は生食には向きませんが、火を通すとリンゴらしいさわやかな甘酸っぱさがぐんと引き立ちおいしくなります」とあって、非常に興味深々。
開発を担当されたバクサさんは五所川原出身だそうで、これはますます気になる。
その場で予約しました。

そして昨日ケーキ代より高い電車賃を払って受け取ってきました。

_DSF6052.jpg

ひとつ残念なのはお店まで2時間かかるので、きれいな球状だったカスタードクリームが溶けてしまいました。
画的に残念!

「赤〜いりんご」は酸っぱくなく、心地よいさわやかな酸味。火を通しているので果肉は柔らかく、芯の部分にはフィリングが詰められ食感もいい。
カスタードクリームとの相性もよく、素晴らしい一品でした。

これぞまさに6次産業化!

_DSF6068.jpg

_DSF6075.jpg
posted by 伊藤圭 at 14:35| 青森のおはなし

2015年04月09日

方言詩集 まるめろ

久々のブログ更新です。

ブックオフに行きました。
店内をぶらぶらして、ふと立ち止まって棚をみてました。

「めづめづ和文化研究所京都」を発見して、面白そうだから買うことにしました。
「ダーリンは外国人」のシリーズですね。

何か気になっていて、本棚を一番上から全部チェックしていきました。
この手の漫画が置いてある本棚でした。

ふと、下に目をやると、「えっ!?」
なんでこんなとこにあるの!?

「方言詩集 まるめろ」高木恭造。
津軽書房 1990年発行の二刷りです。
かなり驚きました。

何か気になっていたのはこれか!
これは「出会い」ですね。
実はこういうことがよくあって、自分では超能力者だと思っています(笑)

そんなわけで購入しました。
しかし、古い本なのに100円になってませんね。
定価1800円で、960円しました。
ブックオフは古い本は100円というイメージがあるんですけどね。

ところで、高木恭造氏についてご存知ですか?
津軽書房から出ているので、青森関係の人です。

簡単に言うと、津軽弁で詩を書いた人です。
明治36年生まれで、昭和62年に84歳で亡くなりました。

この人の影響を受けて、いなかっぺいさん達が10月23日の命日に「津軽弁の日」を始めたんですね。
そんな方です。

津軽でも知っている人しか知りません。←当たり前のこと言っていますね。
知る人ぞ知るという方です。

まさか東京の端っこの青梅市のブックオフで出会えるなんて、奇跡です。

ちなみに、主婦の友社から出てる、佐藤初女さんの本「初女さんのお料理」も買いました。
やっぱりとある本棚の前で何か気になって、上から全部チェックしていったら、出会えました。

この本は画期的ですね。
津軽の料理レシピが全国で売られているんですよ。
棒だらの煮つけとか、なすの紫蘇巻とか。

そして何よりうれしいのが、赤飯の作り方が載っているんです。
これはまずありえないことですよ。

津軽の赤飯は「甘い」んです!

これは津軽の人にとっては当たり前のことで、他県の人にとっては衝撃的なことらしいです。
県民ショーでやってたような気がします。

その津軽の赤飯のレシピが全国にお届けされているんです。
非常にうれしいです。

東京のコンビニで赤飯おにぎりを買って食べると、美味しくないです。
甘くないから。
だけどコンビニおにぎりで余計な添加物が入っていないのは赤飯くらいなので、めったに買いませんが、たまに買います。
美味しくないんです。

うちで赤飯を作る時は、祖母から教えてもらった津軽の甘い赤飯です。
生前にちゃんと聞いておきました。
祖母は料理が上手だったので、生きていたらまだまだ教えてもらいたいことがいっぱいあります。
漬物とかね。

今日はなんだか嬉しい日になりました。

posted by 伊藤圭 at 16:29| 青森のおはなし

2014年07月11日

五所川原市のフォーチュンクッキー

五所川原市でもフォーチュンクッキー踊ってることに、今頃気づきました。
五所川原市のフォーチュンクッキー

しかし、津軽衆ってのはもつけだな〜

posted by 伊藤圭 at 00:00| 青森のおはなし