2017年02月08日

りんご農家には未来がある!

先日、神田で行われた津軽のりんご農家のリアルというイベントに参加してきました。
https://www.facebook.com/events/1791167287819919/

青森県弘前市には約5千軒のリンゴ農家さんがいらっしゃり、日本のりんごの約2割を作っているそう。しかしながら、高齢化が進み、だいたい半数で後継者がいないというリアル。

りんご農家がりんごを作らなくなるとどうなるか。それまでその人がりんごを作っていた分の収入が、個人的にも、また地域からも無くなってしまうということ。

りんご農家を辞める

収入が無くなり、買い物も減る

買い物をしていたお店の収入が減る

お店がやっていけなくなり、閉店に追い込まれていく

雇用される人も減り、失業者が増える

万引きなど犯罪が増え、治安も悪化

町が成り立たなくなる

という構図のようだ。

結局のところ、後継者がいないというのは、収入が低いからということに突き詰められると思います。

リンゴ農家の収入は10アールあたり約50万円くらいだということです。

農業協同組合新聞の記事にJAつがる弘前の代表理事組合長のインタビューがあります。その中で「平均すると一戸あたり1.3〜1.7haほどの耕作地を夫婦2人でやって、いい時で年収350万、悪いときは150万円ぐらいというのが管内の平均的モデル農家の現状だ」という発言がありました。
http://www.jacom.or.jp/archive03/series/shir173/2010/shir173101004-11115.html

年収ラボによると、青森県の平成25年の平均年収は352万円。
http://nensyu-labo.com/ken_aomori.htm

高齢になってきたという農家さんも、始めは他に仕事がなかったとか、親のりんご農園を継いだとか、それぞれ事情があってりんご農家になったのだと思います。それが時代と共に社会状況が変わり、他に収入のいい仕事があったり、都会に出たりして、あえて収入の少ないりんご農家にならなくてもよくなったということなのだと思います。

「本当は継いでほしいんだけど、収入が少なくて苦労するから、子供たちはいい大学に行って、いい会社に入って、安定した生活してほしい」という親心なのだと思います。


じゃあいったいどうするのか。

これは決して農家さんがもっとがんばって、作る量を増やせば収入も増えるといった、個人の問題ではないと思うのです。

「リンゴは値段が高かろうが安かろうが、生産コストも手間も変わらない、省力化ができない作物だ。2haのリンゴを育てるのに必要な労働力はだいたい2.58人ぐらいなので、それが家族労働の限界規模になる」
もう限界なのだと先ほどのインタビューの中でおっしゃっています。

これまでは、「おいしいりんごを作ることにやりがいを感じてもらって、収入の低いことには目をつぶってください」というシステムだったのだと思います。
その古いシステムに若い人がついていけなくなったということ。
個人の問題ではなく、システムの問題だと思います。

私は、りんごを作りたいなら「個人経営のりんご農家」になるというシステムだけでは、足りないと思っています。

りんごを作りたいと思っている若い人は少なからずいると思うのですが、果たしてその人たちがみんな「経営者」になりたいかといえば、そうではないと思うのです。
給料をもらってりんごを作る「サラリーマンりんご農家」がいてもいいと思うんですね。

その日のイベントで話した人は「黒船が来ないと無理」だとおっしゃっいました。

地域的なこともあるでしょうし、これまでずっとやってきたシステムもありますから、急にすべてを変えるなんてのは無理な話です。

個人経営だと、軽トラや農業機械、資材など全部自分で買わなければならない。農協を通じて購入するそれらが、負担になっているという話も聞きます。

もうやめてしまう農家さんの土地を引き受ける「誰か」。
その「誰か」が働く人を派遣してりんごを作る。
働く人には研修を行い、能力を向上させる。
できたりんごを営業が独自で開拓した市場や個人で売る。
また、自社工場で加工品を製造し、販売する。

その「誰か」は個人なのか、会社なのか、団体なのか、何が最適なのかはわかりません。
きっと今は、事業者ごとにそれぞれの分野で連携して行われていると思いますが、それがさらに強化されるといいのかなと思います。

たとえば農業高校を卒業したら、そこに就職して、何年かりんご栽培の修行をしながら、若い感性で商品開発も行ったり、広報活動や、首都圏での売り込みなどもするといったシステムができればいいと思う。

サントリーは、ワイン用のブドウを自分達で生産しているそうです。
http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/kodawari/

ちなみにその場で出された「弘前シードル工房kimori」のシードルはおいしかったです!
りんご農家さんが自らの手で、りんご畑の中で作ったシードルです。
http://kimori-cidre.com/

そんなイメージで、原料の生産から商品開発、販売までを行うのが理想ですよね。
言うのは簡単ですけど、実際にやるのはものすごく大変だと思います。



2015年10月発行の中央農業総合研究センター研究資料 第10号の中に「第15章 津軽地域における大規模リンゴ作経営の成立構造と技術的課題」という非常に興味深い資料がありました。
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/publication/files/narcshiryo-10-02-15.pdf

大規模経営は容易ではなく、大規模化しても労働力不足により管理が難しく、生産性や収益が下がることが一般的だと書かれています。しかしながら、中には13.5haという大規模リンゴ園で収益性も高くすることに成功している人の事例も紹介されています。

実際に行っている人がいるのだから、決して無理な話ではないと思うのです。
結局は政治のリーダーシップになってくるのかもしれませんが、可能性は十分にあると思います。
posted by 伊藤圭 at 13:35| 青森のおはなし

2016年07月05日

青森県の投票率は全国トップ!

ニュース23を見ていたら、非常に興味深いことをやっていました。
それは青森県が国政選挙の投票率が全国1位だということです。
そして、それはもちろん「低い」方です。
まあワーストだらけの青森県ですから、上位にくるとは考えにくいですよね。

それを挽回するために地元タレントを使ってアピールしてみたり、十和田市では投票所に子供の遊ぶスペースを用意したり、平川市ではイオンで投票できるようにするようです。
コメントしていた人は、イオンには買い物に来るので、普段は選挙に行かないけど、買い物に行くついでにいくかもしれないと言っていました。
そのために約480万円かかるそうです。
費用対効果で考えるとどうなのかなとも思ってしまいます。

青森県の選挙管理委員がなぜ投票率が低いのかわからないと言っていました。
これをわかるのはなかなか難しいと思いますね。

私はなんとなくですが思い当ります。
投票に行かないということは「関心が無い」ということです。
じゃあなぜ「関心が無い」のかということですね。

簡単に言うと「他人事」だからです。

青森と東京との距離が遠いのです。
実際の距離ではなく、心理的な距離が遠いんです。

流行の物などが青森まで到達するのに非常に時間がかかるということですね。
ファッションや芸能など一般的な流行はそうでもありません。
時間がかかるのはインターネットの普及とか、禁煙の普及などです。

例えば、ケータイのLTEなどはだいたい東京で始まりますが、青森県で始まるのは決まって後ろの方。
2011年末で全国のインターネット普及率は79.1%ですが、青森県は65.7%と全国1位。
喫煙率も全国1位ですね。
東京を中心に始まったことが、かなりの時間を要して青森県まで到達するんです。

青森市や弘前市などの都市部の人はそこまで距離を感じていないかもしれませんが、田舎の方はより遠く感じているのでしょう。
青森の人が東京に行くということは、東京の人が海外に行くような感覚ですね。

逆に考えてみると、東京の人に青森と北海道のどちらが近いかと聞くと、大抵が北海道と答えます。
距離は北海道の方が遠いのに、気持ちでは青森の方が遠いんですね。

つまり、東京は非常に遠いので、東京で行われていることなんか自分には関係ないという心理ですね。
だから誰が当選しても国会議員は国の事をやるわけだから、自分達には直接関係ないということです。

また、津軽は昔から中央によって抑圧されてきました。
なので自分達の代表を送って国に意見を言おうという意識が薄いのかもしれません。
上から言われるがままに「我慢」して受け入れることが根付いているのかもしれません。

町長選や知事選だとまた違うんでしょうけど。
「津軽選挙」というものがあります。
金で票を買う金権選挙ですね。
2014年には平川氏の市議20人のうち15人が公職選挙法違反で逮捕されたなんて事件があって、全国に「津軽選挙」という言葉が知れ渡ってしまいました。
この「津軽選挙」に慣れてしまった有権者が、国政選挙では何のうま味もないために投票にいかないのかもしれません。

posted by 伊藤圭 at 00:00| 青森のおはなし

2016年06月09日

Googleに勝手に写真を使われてしまう!?

Google便利ですよね
メールとかカレンダーとか、便利な機能が無料で使えるんだから
皆さんはGoogleのいろんなサービスをりようしていますか
私もいろいろと利用しています

その中でGoogleフォトが容量無制限で使えるそうなんです
1600万画素以下の写真でJPEGならいくらでものせられるというので、バックアップ的に使ってみようと思いました

いろいろ調べてみたら一つ気になることが出てきました

皆さん、Googleの利用規約って読んだことありますか?
ほとんどの人が読んでいないと思います
私も今まで読んだことがありません
Googleに写真を預ける上で、気を付けるべきことが書いてありました

本サービス内のユーザーのコンテンツ
『本サービスの一部では、ユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信することができます。ユーザーは、そのコンテンツに対して保有する知的財産権を引き続き保持します。つまり、ユーザーのものは、そのままユーザーが所有します。

本サービスにユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります』

下の方、()が多くてよくわからないので、削除しました
『本サービスにユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信すると、ユーザーは Googleに対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成、送信、出版、公演、上映、表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります』

つまり、Googleフォトにアップすると、写真の著作権は作者にあるけれども、その写真をGoogleが勝手に使えるようになると書いてあるんです

その写真をコピーしたり、雑誌などで利用したり、ネットで配信したり、自由に使えるという訳です
さらにこんなことも書いてあります

本サービスに対する責任
『法律で認められる場合には、Google ならびにそのサプライヤーおよびディストリビューターは、逸失利益、逸失売上もしくはデータの紛失、金銭的損失、または間接損害、特別損害、結果損害もしくは懲罰的損害について責任を負いません。

法律で許されている範囲内で、黙示保証を含む、本規約が適用されるいかなる請求についても、Google ならびにそのサプライヤーおよびディストリビューターが負う責任の総額は、ユーザーが本サービスを利用するために Google に対して支払った金額を上限とし、または、Google が選択した場合には、再度ユーザーに対して本サービスを提供することに限定されるものとします。

いかなる場合においても、Google ならびにそのサプライヤーおよびディストリビューターは、合理的に予測することができない損失または損害については、何らの責任も負いません。』

その写真をGoogleが利用することで、ユーザーが損をしてもGoogleには責任が無いといっています。例えばピューリッツァー賞を取った写真でも、Googleフォトにアップしてしまうと、Googleがタダで使えてしまうわけです

ほとんどの人は恩恵の方が大きいのかもしれませんが、写真を生業にしている人にとっては恐ろしいことです
いやー、怖いですね
posted by 伊藤圭 at 10:11| いろいろ思うこと

2016年05月06日

西多摩新聞に載りました

今度は西多摩新聞に載りました。

160506nishitama.jpg

西多摩新聞は本社が福生にあって、西多摩地域のことを取り上げているローカル新聞です。
地元の事がよくわかっていいですよ。

地方にはいわゆる地方紙というのがありますが、東京だと東京新聞になるんですかね。

青森は東奥日報や陸奥新報、デーリー東北といった感じですね。

青梅カフェのページ
posted by 伊藤圭 at 00:00| 青梅のおはなし

2016年04月16日

読売新聞に載りました

青梅カフェについて読売新聞で取り上げてくれました。

160416yomiuri.jpg

ひじょーに恥ずかしい見出しなんですけどね。
一人でも多くの人に青梅カフェについて知ってもらって、お店を利用してもらいたいですね。

青梅カフェのページ
posted by 伊藤圭 at 00:00| 青梅のおはなし